男性

債務整理の相談はコチラ|火の車から脱却する方法

遺産相続の相談をする士業

女性

相続税の有無がポイント

遺産相続をする時には一般的に専門家に業務を依頼する事でスムーズに行う事ができます。依頼をする士業にはいくつかの選択肢がありますが、依頼をする士業によって得意分野もあれば、費用にも大きく差が出てきます。基本的に住居などの名義変更がある場合のみの時には司法書士が適していますが、そのほかの財産があり相続税申告の必要性がある場合には税理士に依頼をして相続税の申告をしてもらう事になります。仮に財産の分配でトラブルが発生をする事が予想される場合には弁護士などの士業に依頼をする事になります。一般的に以前は、相続税申告が必要になる事が少なかったのですが、税法の変更によって相続税申告の手続きが必要になるケースが増える事が予想されています。これまでであれば、相続税の手続きが不要であった場合には、司法書士に依頼をしていました。しかし、住居などの名義変更という相続が基本の内容になっている場合でも、税理士に依頼をして相続税申告の手続きを依頼する必要があります。仮に税理士に依頼をする場合には、企業の財務を得意としている税理士が多いのが実情ですので、相続の依頼の実績の多い事務所などに依頼をする事が最も順調に手続きが進むと考えられます。もちろん、司法書士の力が必要な時には、司法書士に依頼をしなくてはならないのですが、税理士事務所の多くは、業務の流れの中で司法書士や弁護士との提携を行っています。中には、税理士事務所内に必要な士業の資格を持った人材がいる場合もあるので、利便性だけでなく費用的にも抑える事が期待できます。