男女

債務整理の相談はコチラ|火の車から脱却する方法

遺産相続の相談をする士業

遺産相続の相談を士業に依頼をする場合には、相続税申告の有無がとても重要なポイントになります。実際に相続税の手続きが必要かどうかがわからない場合には、相続の手続きを得意としている税理士に依頼をする事で多くの面でメリットが得られる事になります。

相談前の準備

千葉の弁護士に相談する前に悩みを明確にしておくと、相談をスムーズに行うことができます。また、相談する時に関連資料を持参すれば、弁護士からより具体的なアドバイスをもらえます。相談時間は事務所ごとに異なるので、事前に確認しておきましょう。

返済計画を立て直す

電卓を使う人

個人再生で見直し

債務整理といってもひとつではなく、任意整理、個人再生(民事再生)、自己破産、特定調停、過払い金の請求などがあります。この中で、一番多く手続きがされているのが任意整理です。任意整理は、法律事務所に相談をすると本人に代行して取引履歴を債権者から取り寄せ、減額交渉をしてくれます。現在、借金返済の途中で延滞をしていて毎日督促電話や督促状などで悩まれている方は、弁護士が介入することによって督促が一旦止まります。今後債権者は、代理人である弁護士を通してでなければ交渉ができなくなります。任意整理は、借金の減額をし今後金利をカットして分割で3年以内に完済できるように返済計画を立て直す手続きです。減額できる根拠としてはグレーゾーン金利で契約をしていた期間があれば、払いすぎている利息がある可能性がありますので、これを根拠に減額交渉を行えます。しかし、グレーゾーン金利が存在していたのは2010年までです。それ以降の新規契約したローンに関しては、法定金利内での金利ですので違法な利息ではないため減額できる根拠は乏しくなります。ただし、今後発生する金利はカットできるので元金のみで返済をできます。しかし、それでは原則3年以内の完済が難しい場合には、個人再生で債務整理の相談をすることができます。個人再生で債務整理相談をすると、自己保有の財産を一部処分してそれを減額に充てることができます。住宅など生活に必要な財産は残したまま債務整理の相談をできます。

遺言書の作成サポート

横浜エリアの高齢者の間では、将来の相続トラブルを防ぐために遺言書を正しく作成したいとニーズが増えています。そのため、遺言書作成をサポートする法律事務所や相談センターが人気です。書き方の指導から実際の執行まで多岐に渡るサポートが行われていて、安心して遺言書を作成することができます。